ロボットへの接続には何が必要ですか?

下記一覧表をご覧ください。

ロボット対応

ロボットハンド制御方式

I/O制御:
Input入力のON/OFFによって、PC上の専用アプリで設定した動作パターンを呼び出します。入力ピンは1pin(2パターン)、2pin(4パターン)、3pin(8パターン)の設定が可能です。位置、把持力、開閉速度、把持チェックは専用アプリで事前に設定可能です。

通信制御:
1動作毎に動作指令を送る事ができます。動作指令は位置、把持力、開閉速度、把持チェックを動作毎に切り替える事ができます。Plug&Playに対応しているものは弊社からダウンロード可能なロボット専用のソフトウェアを入れて頂く事で簡単にご使用できます。未対応の各社ロボットに対してもModbus RTUを用いて設定して頂ければ、ご使用が可能です。

ロボットへの接続とオプションリスト

下記、「ロボットハンドオプションセットリスト一覧」の接続判定フローチャートを参考に”接続パターン”を選択してください。
一覧表より、ロボット”メーカ・機種”、もしくは先に選択した”接続パターン”よりオプションを選択してください。

標準アタッチメント、標準変換板の取り付けに関する条件

ロボット取り付け用付属品(抜粋) ネジM6x12 3個、位置決めピン φ6x10 1個

標準アタッチメントインロー径インロー深さ取付PCD位置決めタップ ※1
推奨取り付け条件[mm]φ31.53以上φ50φ6↓5以上-7.5以下M6↓6以上

ロボット取り付け用付属品 ネジM5x10 4個、並行ピン φ5x10 1個

標準変換板インロー径インロー深さ取付PCD位置決めタップ ※1
推奨取り付け条件[mm]φ202.5以上φ31.5φ5↓2.5以上-8.5以下M5↓8以上

※1 付属のネジでの適用深さになります。ロボットが適合しない場合、最適なネジをご用意ください。
不明点等ございましたら、お問い合わせよりご相談ください。